やせうま@大分土産

大分のお土産にといただいた、「やせうま」なるスイーツを調理しました。

なぜこのブログに記録するかというと、ある種の麺類だからです。
d0025605_16314536.jpg

びろーん。
d0025605_16314673.jpg

きしめん状の乾麺を10分ほどゆで、黒蜜きな粉をふりかけます。

商品説明によると、ゆであげた温かいままで盛り付けるそうですが、これで合っているのだろうか。

塩気があまり含まれていない麺なのか、甘味によく合います。うまい。

日本広し、食文化もさまざまですねえ。
[PR]
# by ramenpeople | 2017-02-19 16:26 | 大分県 | Comments(0)

九州じゃんがら@秋葉原

じゃんがらを写真集的にアップ。

何度目かの訪問です。
今回も目指していたわけではなく、ふらっと寄りました。

味噌味を選びましたが、甘みの強いこくのある美味しいラーメンでした(*^O^*)。
d0025605_22134301.jpg

d0025605_22134628.jpg


店前で立ち止まり、「ここは美味しいのだろうか?」的に看板を見上げるカップル。さあ、入るがよい。
d0025605_22134887.jpg

[PR]
# by ramenpeople | 2017-01-26 19:00 | 東京都 | Comments(0)

ブラジル仕様のカップヌードルは濃厚スープ

ついに、このカップ麺を開封する日が来ました。
d0025605_09105064.jpg

リオ五輪・パラリンピック関連業務に携わった後輩から授かった、ブラジル仕様のカップヌードルです。
d0025605_09105973.jpg

何だか陽気な雰囲気じゃないですか~。
開封!
d0025605_09110376.jpg

ありゃ。意外と分量が少ないぞ。
スタバのコーヒーで、グランデのカップにショートの分量が入って出てきた感じ。
表面は一面、レモン色の粉末で、余り「これがブラジルだ!」感のする具材は見当たりません。大丈夫だろうか…。
d0025605_09111155.jpg

湯を注いでも変化無し。きっと眠れる獅子なのだろう。

チーン。
3分後。
d0025605_09111965.jpg

おっ、なんだかカップヌードル。
でもやはり、具は少ない(笑)
d0025605_09112469.jpg

あっ!具だ!ドライトマトかしら。
ちなみに、この他の目立った具材は底の方に沈んで発見された、厚揚げのカスのような鶏肉(鶏肉のカスのような厚揚げかも?!)くらい。

と、まぁ茶化していますが、味は美味しいといえば美味しいのです。めちゃくちゃに感激するほどでもないにせよ、まぁ美味い。

濃厚寄りの鶏スープです。

ブラジル=シュラスコ、野生、豪快!みたいなイメージを抱いていたので、予想とはずいぶん違います。なんか、博多っぽい。

ぴろぴろの麺とスープは相性よしでした。

そういえば、このカップヌードル、容器の上部が変わった形をしています。
d0025605_09112763.jpg

ギザギザの山の部分を持つと、ヤケドしない工夫なのだろうと思います。が、普通のカップでもそんなに熱かったことは無く、ここに関してはナゾの丁寧さ。

異国情緒はあまり感じられませんでしたが、珍しいものを楽しませてもらいました。
[PR]
# by ramenpeople | 2017-01-21 19:00 | カップ麺・弁当 | Comments(0)

わら家のたらいうどん@香川県高松市

新年あけましておめでとうございます。香川の年末年始はうどんに終わり、うどんに始まります。
こちらは「わら家」のたらいうどん。県外からこられた方々は、その迫力に度肝を抜かれます。
d0025605_14445267.jpg
d0025605_14462154.jpg
水車の回るかやぶき屋根のたてもので風情があります。
d0025605_14470303.jpg



[PR]
# by ramenpeople | 2017-01-04 14:47 | 香川県 | Comments(0)

白龍(ぱいろん)@盛岡市

岩手県に旅の機会があり、ご当地グルメのじゃじゃ麺を求めて有名店の「白龍」にやって来ました。
こちら、さること6、7年前に訪問したものの、さすがに記憶の薄らぎつつあり、思い出しの意味も込めての訪問となりました。
d0025605_12070484.jpg

中盛り。
d0025605_12070606.jpg

お店の方にあらためて食べ方を指南してもらいました。
まずは味噌を崩してよく麺と絡め、適度に酢、ラー油を加えます。
d0025605_12070757.jpg

こんな感じ。

ほくほくとした湯気のたつ、もちもち麺に、酢の酸味と味噌のコク。

しょうがの風味も強く、身体がぽかぽかしてきました。

d0025605_12070923.jpg
しめは「ちーたんたん」と呼ばれるスープ。
麺を食べ終えた皿に生卵を溶き入れ、鶏出汁が足されます。
卓上の塩などで少し味を整えて飲み干しました。満腹。
d0025605_12071027.jpg
東北に来たなぁと感じる、独特の麺。観光の際にはぜひみなさまも。
ちなみに、お店は11:30からオープンしますが、お昼過ぎには並び列ができますので、早めの入店をおすすめします。
[PR]
# by ramenpeople | 2016-12-10 12:00 | 岩手県 | Comments(0)