楽天@石神井公園

※今回は代筆人の記事です。
-----------------------------------------
甘味が辛味を演じる。
辛味が酸味を演じる。
酸味が甘味を演じる。

 ヤバすぎる。
~『MARUCHOS』マルチョーズ~


ということで、独特の一品を提供する「つけめん丸長」系の、「楽天 RAKU-TEN」にいって参りました。西武池袋線・石神井公園駅の北口からSEIYU百貨店を探し、通りを東へ向かうと発見できます。
d0025605_1642633.jpg

詳しい人たちによると丸長にも荻窪系・目白系と味の系統があるらしく、「楽天」は目白系だそうです。因みに西武池袋線・桜台駅にある「つけめん丸長」も目白系だそうで。
    * * *
さて、丸長系は非常に変わった味なので、レポートを読むよりも先ず食べて衝撃を受けて見ないことには判らない部分があります。とはいえ、それではどの店舗についても同じことを言えないこともなく、実も蓋も無いので、ちゃんとレポートいたします。
    * * *
d0025605_1648194.jpg

今回のオーダーは「野菜つけめん」(750円)。
まずビックリするのが、つけ汁に浸った野菜の半端じゃない量。
d0025605_16501247.jpg

「先生(誰だ)、これでは麺をつけることができません!」
そして麺はどことなく軽い食感がします。個人的には「フワフワ麺」と勝手に命名しており、この麺で他店のつけ汁に合わせると・・・などと想像していたりします(真性の麺病です)。
d0025605_16523319.jpg

さて、問題のつけ汁の味ですが、「甘味」「辛味」「酸味」が共存しています。あくまで「融合」ではなく「共存」であるところが丸長系らしさなのです。若干本店は甘味が強く感じましたが、つまるところ、どのエッセンスも尖っているのです。

やたら舌にピリ辛が残るくせに、のど越しは砂糖水のような甘み。そして、後に残る味覚は酸味。やはり強烈にジャンキーな一品です。

さて、麺を平らげたのでスープ割をお願いします。
d0025605_16571513.jpg

「先生、多すぎます!!」
―ということで、野菜つけめんにした分、つけ汁のお椀が大きくなっているにもかかわらず、そこに並々とスープを注いでくれるので、かなりの量があります。こちらの味も、割った出汁の効果なのか、更に甘みが引き立つという如何ともしがたいもの。3割ほどいただきました。
   * * *
久々の丸長系でしたが、やはりこれは味覚を狂わせる恐ろしい食べ物です(笑)。しかし、他にはない、という意味で怖いもの「見せたさ」で人にお勧めしてしまうこともあります・・・。★いくつかと言われても判定不能な(DragonBallでいうとスカウター割れる系)お店です。
[PR]
by ramenpeople | 2005-11-29 00:02 | 東京都 | Comments(0)


<< 十兵衛@大泉学園 FRIDAY@方南町 >>