ひるがお@新宿御苑

 このまえ新宿御苑に新しく開店した「ひるがお」に行ってまいりました。「ひるがお」といえば、駒沢大学にある「せたが屋」の昼の営業形態であり、塩を専門に出すお店として有名でしたが、つい最近新宿御苑に進出しました。
 店内はそれほど広くはなく、こざっぱりと綺麗な感じです。開店を祝う花束が飾られていましたが、贈り主の名前のところをみたら有名な銀座のイタリアンレストランであるラ・ベットラの落合シェフでした。意外な(?)つながりがあるのだな~と思いました。
 頼んだのは、「炙りチャーシュー塩らーめん」の「大盛り」です。さほど待たずにすぐでてきました。

d0025605_13362124.jpg

 こんな感じです。

 カウンターにおいてある説明書きを読んでみると、、、
 麺は3種類の太さの麺を使っているみたいです。18番・20番・22番という太さの麺らしいです。微妙な食感が楽しめて、よい感じです。

d0025605_1353968.jpg


 スープの方は、すっきりとしてはいますが、それでいて味わい深いです。カウンターにおいてある説明書きによると、豚のげんこつ、大山鶏の肉つきガラ・スネ、利尻昆布、羅臼昆布、干し椎茸、干し貝柱、鰹節、宗田鰹節、九十九里産煮干、にんにく、生姜、白菜、唐辛子などから3つの寸胴に分けてスープをとっているそうです。ストレートにうまいと思います。またタレの塩はベトナム産の自然海塩を使用しているらしいです。
 具のほうは、あおさ海苔がいい感じでした。四万十川でとれるものらしく、素敵な風味があります。それと上には細かいパラパラとした粉末状のもの、これは揚げた帆立らしいです。炙りチャーシューもなかなかおいしいです。

 他のメニューとしては、醤油らーめんと、極太塩つけめんの系統があります。あとはサイドメニューとして伊達鶏のオヤコ丼があるようです。(オヤコ丼といってもいわゆる親子丼ではなく、鶏そぼろ+卵ごはんのような感じみたいです。

 醤油も食べてみたいですね~。もちろん塩つけも。
[PR]
by ramenpeople | 2005-12-01 00:02 | 東京都 | Comments(0)


<< 風来居@新宿西口 十兵衛@大泉学園 >>