カテゴリ:埼玉県( 5 )

見晴亭@西武秩父

機会あって埼玉県秩父へ赴きました。
訪れたお店は、「見晴亭」。
d0025605_18325615.jpg

西武秩父駅前のバス停留所から見える、居酒屋「庄や」に対して左方向すぐにあります。
   * * *
何度か食べに寄ったので、複数のメニューをまとめて載せます。

まずは、「支那そば」(大盛)。
d0025605_1835069.jpg

透き通ったスープ。具は、チャーシュー、ナルト、メンマ、ホウレンソウ、刻みネギ。
d0025605_183933.jpg

麺は自家製の細麺。

あっさりした醤油味のスープは、「当店ならでは」といったクセや主張は感じられないものの、だからこそ万人に受け入れられるであろう「やさしい」味わい。

お次は、「しお野菜メン」。
d0025605_18414844.jpg

麺は同じですが、更に具沢山になりました。キャベツ、玉ねぎ、青梗菜、長ねぎ、白菜、ピーマン、ほうれんそう、もやし、細切りたけのこ、ニンジン、しいたけ、もやし。スープのしょっぱさは、野菜の甘みが引き立つちょうど良い具合でした。オススメ。

最後は、「みそラーメン」。
d0025605_1845295.jpg

なかなか濃厚な、肉味噌のスープ。上の2つがあっさり系だっただけに、こちらも美味しくてびっくり。

続きを読む
[PR]
by ramenpeople | 2007-03-24 18:29 | 埼玉県 | Comments(0)

そば処・大むら@秩父

蕎麦もうどんも食べると言う秩父。

[PR]
by ramenpeople | 2007-03-05 18:50 | 埼玉県 | Comments(0)

麺屋たつみ 喜心@秩父

秩父鉄道・秩父駅の近くにある、「麺屋たつみ」。玩具屋の「たつみや」の隣にあります。スープの材料である干物などを入れた小瓶が並ぶ、趣ある店内。食券制で、カウンターが14席です。
* * *
注文したのは「つけめん」。
d0025605_16143949.jpg

シンプルな見た目です。麺の上に、厚切りのメンマ、白髪ネギ、焼き海苔、輪切りレモンが添えられています。
d0025605_16152465.jpg

麺は250gの太麺。自家製麺で、うどん粉と準強力粉を利用してパスタのアルデンテ風を意識したものだそうです。実際、噛み応えがありながらも口に運びやすいものでした。
d0025605_16193578.jpg

チャーシューはつけ汁に沈んでおり、ほどよく肉の臭みが残っているのが良いです。魚介の強く出たWスープ。油っ気も丁度良し。太麺なため、鰹節のざらざらとした食感が印象的で、この点でやや好みを分けそうな感じがしました。
d0025605_16243385.jpg

マイルドなスープ割り。

店主の研究熱心さが伝わってくる一品でした。

続きを読む
[PR]
by ramenpeople | 2007-03-03 16:11 | 埼玉県 | Comments(0)

麺屋うえだ@志木

 池袋から東武東上線にのって20分~30分ほどのところにある、埼玉県新座市の志木には、麺屋うえだというお店があります。ネットサーフィンをしている途中で見つけたのですが、なかなかアヴァンギャルドなラーメンが食せるらしく、これは行ってみなくてはと思い、少々遠いですがこの前行ってみました。
 志木駅の南口から、まっすぐ歩いて10分ほどのところにそのお店はありました。

d0025605_1825082.jpg

 こんな感じの外観です。


 入ってみると、中は適度な広さ。カウンター席のみで、12人くらい座れるのでしょうか。まず食券を購入。たくさんメニューがあり迷いますが(一番人気は特濃魚介豚骨ラーメンらしいです)、僕は二郎インスパイア系であるという鬼麺王(きめんおう)というメニューを購入。
 実はこのお店、みさえちゃんという名物女性店主の存在でも有名らしく、公式ホームページでもその紹介がされています。どうやら魚介豚骨スープ系統の濃厚ラーメンと鶏魚介スープ系統のあっさりラーメンとに大別される模様。なお、僕が頼んだ「鬼麺王」は、魚介豚骨系のスープに属します。
 「お時間かかりますが、よろしいですか?」と言われ、「はい」と答えました。かなりの太麺らしく、茹で時間は15分くらいの模様。鬼麺王用の特製麺らしいです。
 待つことしばし、到着です。登場する直前、盛り付けが終わった後に、上からじゃっと香味油?のようなものをかけているのがみえました。

d0025605_1901188.jpg

 チャーシュー3枚と、二郎風にもやし・キャベツ、さらに上に刻み生ニンニクと唐辛子(?)がふりかけられています。
 スープを一口すすると、お~なかなかよいです♪基本的には豚骨醤油で、そこに魚系の要素が加わった感じです。「鬼麺王」というメニューに関していうと、スープはとろみを抑えてある模様です。(なお特濃魚介豚骨を「ハード」で頼むと、ものすごい粘度のスープが出るらしいです)。

 そして、麺がこれです。
d0025605_19332981.jpg

 かなりの太麺。こりゃ茹でるのに時間かかりますわな^^

 キャベツやもやしがいいアクセントになって、箸が進みます。チャーシューは3枚のっかっていますが、おいしいです。
 二郎インスパイアというのはわかりますが、スープをはじめ、かなりオリジナリティあふれる作品です。

 週ごと(?)の限定メニューもあるようで、(公式HP(特に掲示板)で紹介されています)ほんとにメニュー豊富なお店ですね。
 鬼麺王しか食べてないですが、他のメニュー食べてみたいですね。僕の住んでいるところからだと、やや遠いのが難点ですが、機会があったらまた行きたいです。
[PR]
by ramenpeople | 2005-10-09 17:40 | 埼玉県 | Comments(0)

頑固です!

埼玉県の本川越にすごいつけ麺屋があると聞いて僕と友人は車を走らせる。

昔の城下町?の街並みが残る歴史の情緒あふれる街の中を走り、駅前ですごい行列を発見する。

「あれが約束の地、頑者だ。」
と僕の友人が言う。

頑者はラーメン屋にはめずらしく総入替制を採用している。すなわち、全員が食い終わったら、次の客をまとめていれるという方式だ。1クールはたしか11人。

この店は東京一週間の年末のラーメン特集でつけ麺部門第一位を獲得しているので、僕らの期待も否応なしに高まっていく。

そしてとうとう僕らの番がくる。
「とうとうここまできたな。ここまできたら練習の成果をみせつけるしかない。」
と二人でうなずきあう。

僕はつけ麺チャーシュー大盛を、友人はラーメンチャーシュー大盛を頼む。

でてきたスープは魚粉のかかったWスープ。麺はツルツル・シコシコ・モチモチの太麺。
あつもりではないので、麺は冷えているが、やや冷たすぎるくらいよく水で冷やしてある。

一口口にすると、そのスープのレベルの高さが瞬時にうかがえる。
動物系の力強いスープに、魚介がさりげなくうまみを加えている。
魚粉もいい感じでアクセントになっている。
これはうまい。
チャーシューもこれでもかというくらい入っている。

これがNO1のつけ麺か。。。

味としてはべんてんと勢得の中間くらいに位置しているだろうか。
勢得よりもタレの味が強い感じもした。
うまい。
素直にそういえる。

「完敗だよ。」

そう僕らはつぶやいて、来年は必ず勝つぞと誓い、本川越を後にした。
[PR]
by ramenpeople | 2005-04-13 00:31 | 埼玉県 | Comments(0)