<   2005年 05月 ( 21 )   > この月の画像一覧

フォー

 という麺料理をみなさまはご存知であろうか?そう、ヴェトナムの麺料理である。実は昨日ヴェトナム料理店に行き、フォーを食べる機会があった。
 鶏がらのあっさりしたすーぷに、真っ白なフォーの麺が入っており、上には柔らかく甘く煮られた豚肉がのっている。いやー、さっぱりしていてうまい。
 残念なことに写真を撮るのを忘れてしまった(泣)デジカメは持っていってたのであったが、いざフォーが目の前に出てきたときには、すっかりそのことを忘れていて、食べ終わって店を出た後に、あー写真とりゃよかった、と気づいたわけである。悲しい。
 いやはやしかし世の中には色々な麺料理があるものである。そういえばこのブログではまだ日本の代表的麺料理たる蕎麦を紹介していないな、と思い、いつか機会があったらのせてみようと思った。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-29 14:10 | 雑談・その他 | Comments(0)

SEITOKU

d0025605_1472100.jpg


 勢得の中盛つけめんである。濃厚なつけ汁にツヤツヤした太麺。もう勢得の記事は4回目であるから、書くネタはそんなにないが、今回は写真を大きくしてみました。クリックすると拡大します。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-27 01:59 | 東京都 | Comments(0)

欣屋@西台,高島平

d0025605_16511549.jpg


 欣屋の肉つけ麺中盛である。写真を見ると量が少なそうだが、小さく写っているだけで、実際はけっこう量がある。
 味のほうはというと、、、なんて説明したらよいんだろう。麺は自家製麺で、軽く縮れている。けっこううまい。スープのほうは、鶏がらベースにメヒカリというものからとった魚介ダシを加えたものらしい。こってりという感じではないが、けっこう味は濃い。細切れの肉がけっこうたくさん入っている。具の中で特徴的なのはワカメで、成増にある道頓堀というラーメン・つけ麺屋を思い出させた。
 全体としては、なかなかのレベル。ただ中盛はちょっと多いかもしれない。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-21 17:45 | 東京都 | Comments(0)

赤武骨

d0025605_16511877.jpg


 御徒町の武骨の赤である。濃厚な和風豚骨(豚骨+魚だし)に、ちょっと辛めの唐辛子油をかけたもの。一口目で辛くてちょっとむせかえってしまったが、すぐ慣れた。このお店では赤もしくは赤黒がお気に入りである。よく考えたら黒・赤・白の3パターンとその2つずつの組み合わせ6パターン(どちらが多いかという順番も考慮しての話 ちなみに赤黒と頼むと赤が多い)全部で9種類頼めるわけである。僕は今のところ、黒・赤・白・黒赤・赤黒の5種類頼んだことがある。

d0025605_1652190.jpg


 こちらはサイドメニューの武っ炊き飯。前頼んだときと、変わった。前はご飯に薄っすら味が付いていたのだが、今回は白飯になっている。また上に乗っけてある肉のタイプも変わっている。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-19 21:21 | 東京都 | Comments(0)

十兵衛@巣鴨

でネギラーメン。豚骨ラーメンに辛めに味付けされたネギが加わる。
悪くはないのだがもう少しパワーが欲しいところ。 店内が改装されていた。これはいい感じ。
半玉替え玉無料もありがたい。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-15 22:13 | 東京都 | Comments(0)

つしま@浅草

豚骨ラーメンの田中商店系列のお店、つしまは浅草でWスープのラーメンを出す。
頼んだのは中華そば。ほどよいバランスのスープは、豚骨に魚と野菜の要素を加えたもの。油は標準のWスープに比べやや多め。全体としてはまずまずの標準である。
となりで修学旅行中の生徒達が食べていた。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-15 22:08 | 東京都 | Comments(0)

えぞ菊早稲田本店

d0025605_2222024.jpg

の味噌ラーメンである。炒められたもやしがたくさんのっている。
北海道ラーメンといった感じで、流行りのラーメンにはない古き良さのようなものがある。
学生は割引になるというのはありがたい。
ヤングラーメンという挑戦メニューもある。僕は一度食べたことがあるが、満腹になった。
それと海外にも(たしかハワイとか)支店を持つ。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-15 22:02 | 東京都 | Comments(0)

六角家

d0025605_2126516.jpg

東白楽にある横浜家系ラーメン店六角家に行ってきた。家系(いえけい)ラーメンとは横浜で生まれた豚骨醤油ラーメンの一種で、一般に家系ラーメンを出すお店は「~家」という名前である。他に有名なのは吉村家などがある。脂の量・麺の固さ・味の濃さを指定できるのが特徴。
頼んだのはラーメン中盛麺固め。店員さんは各注文を間違えることなく暗記していてすごい。
さて味の方は典型的な家系ラーメンでありなかなかうまい。のりが三枚入っておりスープとともに食うと良い。
店長さんの名前はTETSUらしい。
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-15 21:26 | 神奈川県 | Comments(0)

大黒屋本舗

d0025605_18553721.jpg


 松戸にある茨城大勝軒グループのお店、大黒屋本舗の夜の部の大黒醤麺(だいこくじゃんめん)です。かなりのインパクトがあります。
 このお店、昼は大勝軒系のWスープのラーメンを出し、夜の部は二郎インスパイア系の背脂系ラーメンを出すというお店です。昼はストレート中太麺で、夜はゴワゴワ極太縮れ麺を出します。
 すごいボリューム~。この大黒醤麺は、二郎・角ふじ系のラーメンの要素に加えて、エビの風味と、ちょっと辛い醤(ジャン)を加えており、味としては、豪快ですが、けっこう奥深くなっていて、うまいです。かつて町田二郎でやっていたMOというのに近いらしいです。
 まずどこから食べるかが問題ですね~。もやしとキャベツ、それに肉厚のチャーシューがどかんと載っていて、もうとにかくすごいです。
 このお店、大盛の量の限界がすごいことでも有名です。普通盛と中盛は同じ値段で、それぞれ200g、250gとかなのですが、大盛が400gかなんかあって、そのあとの特盛では麺3000gまでいくらでも増やせるらしいです。一度TVでやっていたのですが、いくつかのどんぶりに分けて提供されるみたいです。総重量は8kgになるとか。いやはやすごいものですね~。
 
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-14 19:03 | 千葉県 | Comments(0)

武骨のつけ麺

d0025605_1653488.jpg


 今日5月9日より、御徒町の麺屋武蔵武骨にて、週替わりで3種のつけ麺(肉・魚・果実)が始まるということで、早速行ってきた。限定30食ということで食べられるか心配だったが、無事売り切れにならずに食券を買うことができた。
 待つこと20分ほどで、でてくるつけ麺。スープは、白武骨ラーメンと同じ感じの色。麺の上にはひき肉がのっている。今週は「肉」のつけ麺らしい。
 一口食うと、うーむ、まあそれなりにうまいんだけど、ややパンチ不足。スープ自体はけっこう濃いはずなのに、麺とスープの絡みがいまいち悪いせいか、いまいちスープの味が感じられない。
 武骨のラーメン自体は、(特に黒と赤が)かなりパンチのきいたスープなので、これをつけ麺にしたらうまいんじゃないかと思っていただけに、やや期待はずれの感は否めない。といっても、まあそれなりの水準は保たれてはいるのだが。もう少しつけ汁に辛さとかを加えて、ドカンといってしまってもいい気がする。
 具はいつものチャーシューが細かく刻まれて入っており、あとはネギ。チャーシューも細切れになるといまいちインパクトに欠けてしまっているのが悲しい。
 量については、ラーメンの時はそんなに感じなかったが、このお店、大盛もやってないのだから、もう少しつけ麺の量を増やしてほしいなあ。やっぱりこの量だと物足りないよ。
 なんか今日はけっこう文句をつけてしまったが、決して味が悪いわけではない。ただ麺屋武蔵武骨というものすごい名前を持っているからには、ぜひつけ麺にももっと力を入れていただきたいものである。
 
 
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-09 19:13 | 東京都 | Comments(0)