<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

大勝軒@中野

「大勝軒」の中野店へ行ってきました。中野駅の南口を出てマルイ(OIOI)の方へ向かうとほどなくして見つかります。
d0025605_213431.jpg

狭めの店内に、厨房にそったカウンター席が10ほどあります。テレビが置いてあるので、待ち時間は退屈しません。
   * * *
散々迷った末、肉入りつけそば(650円)を注文。
d0025605_2137996.jpg

写真では控えめな印象ですが、名前の通り細長く切られたチャーシューが結構入っています。
d0025605_21381339.jpg

太麺。やや湯で加減が柔らかい印象も受けました。
つけ汁は大勝軒特有の甘い風味。あっさりしています。
食後にお願いしたスープ割では、動物風味が強くなります。
   * * *
値段の割りに、質の良いものを程よい量で食べられるという意味で、近くに住んでいる人は重宝するかもしれません。個人的には、もうすこしパンチが欲しい感じがしました。
[PR]
by ramenpeople | 2006-02-28 21:32 | 東京都 | Comments(0)

どべっこす@池袋

さて、何度か訪れている濃厚豚骨のお店「どべっこす」。
「豚骨が食いたい!」と無性に思ったとき(そんなことを思うのは麺ラー族だけであることは承知の上として・・・)には、ここか大塚の「ぼたん」に行きます。
   * * *
今回は少し頑張って「全部入り」を注文。おまけにサービス券(毎回もらえる)があったので半熟卵をプラスしました。麺はちぢれ麺と細麺を選択できるので、後者に。
d0025605_2123166.jpg

むむぅ、流石は全部入り。海苔もやたら多いです。
スープは相変わらず、これでもかという感じの豚骨。一緒に訪れた友人に指摘されて気づいたのですが、ほんのりと甘みも感じられます。豚を煮詰めてゆくと自然と甘みが出てくることに加え、キャベツなど野菜のエッセンスが出汁によく入っているのだと思います。
具は半熟卵、刻みネギ、きくらげ、チャーシュー。
d0025605_2128659.jpg

   * * *
濃厚豚骨、ということをこれだけふれて回っていると、「なんだそれ、くどいだけじゃないのか」と言われそうですが、このお店はただ単に濃いものを作っているのではなく、非常にバランスが良いと思います。
[PR]
by ramenpeople | 2006-02-27 21:20 | 東京都 | Comments(0)

屯ちん@池袋本店

さて、カップ麺の方を記事にしたので、今度はお店で食べたレポートです。
   * * *
池袋の屯ちん、東口から歩いてほどなくして到着。10人ほど並んでいました。
d0025605_7171794.jpg

注文したのは、ラーメン大盛り+バター
これぞ東京豚骨醤油、というベーシックながら安定した美味しさ。
バターはトッピングとして初めて追加してみたのですが、全体への影響はそれほどなく、いってしまえば付けなくても良かったかなぁという感じです。
   * * *
ところで、他のお店に関してもそうなのですが、本店の「屯ちん」というのも当然ながら一発変換というわけにはゆきません。ラーメン辞書なんかを作って登録してしまえば楽なのですが・・・そこまでするほど文章の中に頻繁に登場するお店か、と問われると微妙な線です。というわけで、毎回「とんでん→屯田」と変換する作業をしている次第です。

ともかくも味は○ですよ。
[PR]
by ramenpeople | 2006-02-26 07:20 | 東京都 | Comments(0)

屯ちんのカップ麺

近所のファミリーマートで売っていたのを見て、前から気になっていたカップ麺を購入してきました。それは、東京・池袋の有名な豚骨醤油のお店「屯ちん」の乾麺化です。
d0025605_2294597.jpg

もともとコンビニやスーパーに置いてあるのは知っていましたが、これまでの経験上、お店の再現というのはなかなか難しいなぁという印象の製品ばかりだったので敬遠していました。ところが先日、当のお店「屯ちん」へ足を運んだとき、待ち時間に”店長も納得の出来”という評価が店外に貼られていたのを目にしたので、そのうち買おうと狙っていたのです。

d0025605_2295226.jpg

最初は量が少ないかと思ったのですが、4分間たつとなかなかのものです。

そして、スープを飲んでみての第一印象。

「うむ、これは本店に近いものがある。」

貧相なチャーシューとメンマ、刻みネギに焼き海苔2枚と、やや具としてはさびしい感じもありますが、やはりカップ麺化としてはスープが大事でしょう。その意味で、この商品は成功の部類ではないかと思います。乾麺もあまり見掛けない感じのもので美味しかったです。

尚、この手の商品はいわゆる「時期限定物」である可能性が高いので、店頭で見かけた形はお早めに召し上がってみてください。
[PR]
by ramenpeople | 2006-02-25 02:32 | カップ麺・弁当 | Comments(0)

東麺房@上野

実に久々の更新です。
-----------------------
友人とともに湯島の「大喜」へ向かったところ、お昼時のサラリーマンが行列をなしていたので、已む無く近所でお店を探すことに。すこし本郷方面へ戻れば「神勢」があるのですが、レポート済みのため敢えて上野公園方面に向かい、「東麺房」へ。
d0025605_0571676.jpg

たのんだのは「超やみつきらーめん」。
友人は普通の「やみつきらーめん」をたのんでいましたが、主に違うのは背油の量でしょうか。スープ自体の味には余り違いを感じませんでした。

濃い味を想定していたのですが、予想外にさっぱりしたしょうゆ味でした。鶏がらや魚などが用いられている模様。チャーシューは結構豚くささを残しています。

お昼ということでさらっと食べたい場合には良いと思いますが、個人的にはもう少しこってりした感じのラーメンが好きなので、「あれ?」という感じでした。

   * * *
この店で強調することがあるとすれば、自由に食べ放題のサイドメニュー「カクテキ」!
これはいけます。お酒にも合いそう。
[PR]
by ramenpeople | 2006-02-24 01:02 | 東京都 | Comments(0)

ラーメン二郎@高田馬場【閉店】

高田馬場のラーメン二郎へいってきました。
d0025605_11133125.jpg

カウンター席が15ほどと、テーブルが奥に2つ(珍しい)。
   * * *
これまで二郎に関しては色々な店舗で食べましたが、ここ高田馬場店は最初に食べたのがかなり前でそれっきり。美味しかったけれど量が多かったという当時の記憶をたよりとして、今回は控えめに「小」で注文しました。

トッピングに「トウガラシ」があるのはここの特徴。以前は気づいてすらいない初心者でしたが、いまはしっかりチェックしています(笑)。

俺のニンニク入れますか」という刺繍の入ったキャップ帽を被った店主(!)から、「ニンニク入れますか?」と問われたので、「ヤサイトウガラシで」と応じます。
d0025605_11134149.jpg

小ヤサイトウガラシ+うずら卵

う~む、十分な量でしょー。そうそう、うずら卵(4個いり)もつけたんでした。ときどきつまんで変化にしようという魂胆です。
d0025605_11164215.jpg

平太麺です。柔らかいのに弾力があります。
d0025605_11184055.jpg

さて、この「ほぐし風の」肉も特徴だと思います。当たりによっては通常見かけるようなバラブロックになるようですが・・・。もともと醤油でしっかり味付けされている上に、スープをよく吸って絶品です。

スープは野菜などのエキスがよく出た、甘めの印象。二郎は店によってスープの感じが違いますが、筆者はここ高田馬場店が結構好きです。

トウガラシ、写真では控えめ(そうなのか?)に見えますが、実は流石にトッピング扱いというだけあって、かなり入っています。食べ進むうちにスープに溶け込んで、隣の人の(通常の)スープと見比べると、色が明らかに違っていました。。個人的意見としては、食べる人それぞれの裁量でアクセントをつけられるので、トウガラシはやはり卓上の調味料としておいてあれば良いなぁとおもいます。
   * * *
全体の量は丁度よい感じでした。自分の胃がでかくなったのか、混雑帯ということもあって量が通常通りだったのか(終わり間際や開店すぐだと若干通常より多くしてくれてたり)は判りません。うまかったから万事オーライ
[PR]
by ramenpeople | 2006-02-02 11:26 | 東京都 | Comments(0)