<   2006年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

元祖一条流がんこ本家@目黒、冷やし塩

目黒にある「元祖一条流がんこ本家」に行って来ました。
もともとは麺屋を探しにデパートの本屋へと入ったのですが、フロア図をみて、「あら、こんなところにあったのか」ということで訪問。惣菜売り場のようなフロアーに、開放的なカウンター席が10ほど。

今年は冷やしを出す店が多い。
ということで今回注文したのは「冷やし塩らーめん」。
d0025605_157294.jpg

おおっ、と唸ってしまうような美しい盛り方。涼しげです。

鶏つくね、白髪ネギ、糸トウガラシ、大葉、カブのスライス、メンマ。全体に白ごまが振りかけられており、風味も良いです。鶏つくねの部分は毎年変わるらしいです。

青トウガラシを活用し、カプサイシンにより夏バテ防止効果も狙った一品なのだとか。そのスープ、「がんこ」らしい引き締まった繊細な塩スープに、トウガラシの刺激がこれまた程好くブレンドされています。辛味というより、酸味。寝不足もぶっとぶ爽快感。

完成度の高さを感じました。筆者の食べた冷やしの中では一押しです。
季節限定ですのでお早めに。
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-27 01:53 | 東京都 | Comments(0)

節骨麺たいぞう@池袋の冷やし

以前にも紹介した、「節骨麺たいぞう」に行って来ました。

注文したのは今流行りの冷やしメニュー。
d0025605_1434169.jpg

冷やしラーメン

丼は通常のラーメンと同じですが、持った瞬間によく冷やされているのがわかります。
具は、絵に描いたような「ぐるぐる模様」のナルトと、三つ葉、シロネギ、メンマ、チャーシュー、湯葉。バラエティに富んでいて良い感じです。チャーシューは短冊切り(?)。
d0025605_1471876.jpg

細めん。

スープは、簡潔に言うとそうめんの出汁。通常のラーメンでもカツオ、いりこからとった出汁を使用しているので、それを使ったのでしょう。丁寧さが感じられます。
d0025605_1461757.jpg

湯葉。あまり具として見かけないので、目新しい。冷たい出汁に合っています。
   * * *
正統派な冷やし、という感じです。ラーメン好きのみならず、そば好き、うどん好き、そうめん好きなど、和麺全般をカバーしているように思われました。
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-26 20:41 | 東京都 | Comments(0)

北かま@神保町

北かま」に来た。
もともと弘明寺駅前にあったのが、移店してきたのだそうです。
d0025605_4574889.jpg

壁に沿って一列の席が7~8席くらいと、奥にテーブル席。やや狭い感じですが、お洒落な店内なので不快感はありません。どちらかというと、厨房からの排気温風が吹き付ける、店外の食券機がなんとも・・・。
   * * *
多くのブログで紹介されるなど、クチコミ効果絶大で人気沸騰。
この日も少々並びました(店内に収まる程度)。

注文したのは「つけそば」+半ライス(サービス)。
d0025605_514917.jpg

たっぷりめのWスープつけ汁。具は青ネギ、穂先メンマ、チャーシュー、海苔。多めです。
机の上のポットに、スープ割り用の出汁が入っているのが独特です。
ぱっと見てわかるのが、つけ汁に大量に投入されている魚粉。
太麺です。いただきます。
d0025605_522268.jpg

むお、これは、魚粉全開。
麺そのものは艶のあるものですが、つけ汁によって舌触りがざらざらします。スープ割りの魚介系出汁を一定量足して、ようやく魚粉に惑わされずに味わえました。

全体の印象は、濃厚ながらアブラっぽくもない。美味しいです。
しかし魚粉は若干多くないだろうか・・・?
d0025605_511474.jpg

穂先メンマは美味しいです。もとはこんなの(下)らしい(笑)。
d0025605_512227.jpg

   * * *
因みに、カレーつけ麺のほうは、つけ汁がまさに和風出汁をブレンドしたカレー。
カレーかつけ麺か悩んだ人(いるのか?)には良いと思いますが、このお店のオリジナリティがあるか、といわれると、ちょっと疑問です。もっとも、筆者が感じなかったあたりに、お店のこだわりがあるかもしれませんが。
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-23 20:56 | 東京都 | Comments(0)

山頭火の非・常設メニュー

とある山頭火(もはやあらゆるところにありますね・・・笑)に入店。
人気のため期間延長したという「辛味噌らーめん」を注文してみました。
d0025605_4451442.jpg

真っ赤っか。辛そうです。この感じからして、冬の特別メニューだったと思われますが、夏も真っ盛りまで延長されるなんて、なんとも人気の出たことで。

具は白髪ネギ、糸とうがらし、豚肉、メンマ、きくらげ、白ごま。
d0025605_4473238.jpg

表面のざらざらした中太ちぢれ麺。

スープは見た目ほど「ぎょ!」っとするほど辛いわけではなく、程よいです。
豚とネギの風味。辛い路線にもかかわらず<まろやか>な食感は、「山頭火らしいなぁ」という印象です。
d0025605_4502276.jpg

サイコロ状の豚肉がうまい! もともと「とろ肉~」というメニューを出すなど、肉にはこだわっている当店。どうしても各種具材の中では主張するのが肉なので、そこがちゃんとしていると印象が大分良いですね。

(記事を書いている今)夏ももう終わりに向かうわけですが、今年は残暑も厳しいようです。夏バテによる食欲減退には胃への刺激が必要ということなので、このラーメンなどうってつけでは。

ちなみに
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-20 20:48 | 香川県 | Comments(0)

一心軒@江古田

この7月にオープンしたばかりの新店に行って来ました。
西武池袋線・江古田駅の南口を出て、ビデオ店の横の通りにある「一心軒」。
d0025605_23591782.jpg

看板が余り目立たないので注意。
店内に一歩はいると、魚介系の淡い香りが漂ってきます。
カウンター席が10あまりと、熱帯魚の水槽の脇に2人がけのテーブル席が1つ。
   * * *
注文したのは、らあめん(600円)。ついでに大盛り(+100円)。
d0025605_2359830.jpg

全体に茶色系の落ち着いた見た目。
スープをレンゲにすくってみると、店内に漂っていた魚介の香りに加え、焦がしネギなど野菜の香りも感じられます。しょうゆ味の濃さが丁度良いです。

具はチャーシュー、もやし(生に近いぱりぱり感)、メンマ、青ネギ。シンプル。
チャーシューは丼に盛る前にバーナーで炙っています。
d0025605_03335.jpg

自家製の細麺。、厨房奥に製麺機が見えます。
大盛りにしたせいか、なかなかのボリュームがあります。

奇をてらわないベーシックな一品なのですが、丁寧さが感じられました。
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-19 00:10 | 東京都 | Comments(0)

こんぴらうどん@ライオン通り

香川県高松市の中央商店街。
ライオン通りにひっそりとそのお店はあります。「こんぴらうどん」。
d0025605_0224541.jpg

名物、「しゃぶしゃぶ肉うどん」を注文。
d0025605_023213.jpg

「しゃぶしゃぶ」する前の、赤みを残した肉が沢山入っています。肉汁が染み出して美味。
d0025605_0235365.jpg

細めん。出汁が「天ぷらうどん」(下)よりも甘く感じられたのは、肉汁のせいか、それともこのメニュー用の味付けなのだろうか。
   * * *
ついでに他のメニューも。
d0025605_0245559.jpg

天ぷらうどん。豪華です。
d0025605_0251884.jpg

かまあげうどん。やたらと丼が大きいです。インパクト勝負?!
d0025605_0265344.jpg

こちらは、取り放題のネギ・・・・・・・ではありません。ネギうどんです。
完全にインパクト勝負です(笑)。
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-15 20:21 | 香川県 | Comments(0)

さか枝@県庁横

ひさしぶりにうどんの記事です。
香川県庁の横にある、「さか枝」。
d0025605_0124365.jpg

映画「UDON」のポスターが貼ってあります。
   * * *
セルフ形式のお店。うどんを注文した後、トレイを持って揚げ物などのトッピングを任意で取ります。最後に前払い勘定。
d0025605_0141333.jpg

ぶっかけ(大)
青ネギと天カスは後から足しました。
d0025605_015886.jpg

コシのある太麺。ずるずる・・
咀嚼(そしゃく)力が鍛えられる感じです(笑)。出汁も美味しい。
d0025605_0155231.jpg

おおぶりな掻き揚げ。うどんの出汁に浸して頂きました。
   * * *
そもそも、「ぶっかけうどん」とは、つけうどんの面倒さを無くすために出汁を直接麺の丼に注いだという、無精者のための(!)うどんなのですが、この素朴さが良いです。これぞ香川のうどん。
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-12 20:11 | 香川県 | Comments(0)