<   2006年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

和風汁そば じゃんず@練馬【閉店】

実に数ヶ月ぶりとなる練馬の実力派、「和風汁そば じゃんず」。
注文したのは「特製つけそば・平打麺(もち米入り)
d0025605_2272574.jpg

上品な盛り付け。具は厚切りメンマ、角切りのチャーシュー、半熟卵、海苔。
d0025605_2285897.jpg

こちらには珍しい事に白菜が入っています。魚粉を使用した、マイルドで香り豊かなつけ汁。
d0025605_2294374.jpg

実は、ビール酵母入り太麺でお願いしようかと思ったのですが、(例のごとくというか)切れてしまっていたので、もち米入り平打麺の方にしたのです。とはいえこちらも魅力的。もち米だけにモチモチした弾力が特徴的です。つけ汁との絡みも良い。

食後にはスープ割を頂きました。全体の分量はそれ程でもないのに、麺のボリューム感がたっぷりなので満足度は高いです。
---------------------------------------------
お店の場所:東京都練馬区豊玉北4-21-3
営業時間:11:30~14:30 17:00~22:00
定休日:火・水曜
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-16 22:03 | 東京都 | Comments(0)

光麺@上野

困ったときの「光麺」。 ―といっても、何も無難な安全弁というわけではなく、個人的に一押ししているお店です。

久しぶりなので、一風変わったお気に入りメニューの「焦がし坦坦麺」を注文。
d0025605_21573251.jpg

おや、心なしかいつもより香油の量が多めな気がしますが・・・。
d0025605_2159817.jpg

燻製にした白身魚の血合と間違えそうな香ばしいサイコロ肉がGOOD。
何度食べても素敵です。
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-14 21:55 | 東京都 | Comments(0)

九州じゃんがら@秋葉原本店

九州じゃんがら」。実は、秋葉原の本店に来たのは初めてです。
d0025605_21363721.jpg

数人の行列が途絶えない人気店。カウンター12席とテーブルが6席。
熱気に溢れた店内は、とても落ち着ける雰囲気とは言えませんが、真剣にお客と勝負している気合のようなものが感じられて、好感が持てます。
   * * *
メニューとしては、九州じゃんがら、九州じゃんがら味噌、ぼんしゃん(こってりクリーミー味)、からぼん(辛味)、むぎちゃん(麦味噌を使用)など、バリエーションが豊かです。

今回注文したのは、ベーシックに「九州じゃんがら+味玉子」。
d0025605_21461913.jpg

なんだか妙にテカテカした写真になってしまいましたが・・・。
具はチャーシュー、きくらげ、青ネギ。全体に白ゴマが振られています。
d0025605_21474193.jpg

細ストレート麺。全体の分量は標準的です。
想像していたよりもスープはすっきりマイルド。

お店に置いてあった紹介文によると「ぼんしゃん」の方が、いつもの<濃厚ガツン>な九州豚骨のイメージに合致する一品のようです。

個人的にはもっと濃厚なほうが好きなので、次に機会があれば「ぼんしゃん」や、友人が頼んでいて美味しそうだった「むぎちゃん」を頂きたいと思います。
---------------------------------------------
お店の場所:東京都千代田区外神田3-11-6
営業時間:
10:30~23:30
金曜日10:30~23:45
土曜日9:30~23:45
日曜日、祝日9:30~23:30

定休日:無休
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-12 21:35 | 東京都 | Comments(0)

創新麺庵 生粋@池袋

度々レビューさせて頂いている、池袋の「創新麺庵 生粋」。
「上生粋塩」がとても満足度の高いものだったので、今回は「上生粋正油」を注文しました。
d0025605_2128281.jpg

「和」を感じる盛り付け。具はチャーシュー、卵、メンマ、白ネギ、水菜、海苔。
このお店ならではのサンマの香りが、湯気に乗って漂ってきます。
「奇抜」な要素と「要点」との兼ね備えといい、具のバラエティといい、麺とスープの組み合わせといい、池袋にある「凝った」ラーメン店としては間違いなくトップでは?!
-----
いつも思うのですが、お店に置いてある、小さな蛇口をひねってチョロチョロと水を注ぐあのサーバーがお洒落です。
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-10 21:26 | 東京都 | Comments(0)

「九段 斑鳩」のカップ麺

コンビニに売っていたので買ってきました。
d0025605_21231848.jpg

かの有名店「九段 斑鳩」のカップ麺。
d0025605_21232451.jpg

スープの濁り具合なんか、よく再現されている気がしますが、ちょっと塩辛いかな。
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-08 21:22 | カップ麺・弁当 | Comments(0)

壱八家@横浜スカイビル10F

久々に都外のレポート。
横浜スカイビルのレストラン街にある、「壱八家」。
d0025605_332528.jpg

その名から判るように家系です。
   * * *
注文したのはラーメン中。湯で加減や味、油の濃さなどを選べるようですが、特に指定せず標準で。
d0025605_33369.jpg

海苔にホウレンソウに豚・・・と、家系のエレメント勢揃い― と、おやウズラ卵が。
d0025605_3341786.jpg

中太ストレート麺。もっちりしています。
家系で似たり寄ったり・・・というパターンも想定していたのですが、いかんせんこれがウマイ。確かに意外性という点では最近のトレンドから外れますが、ベースがしっかりしている感じ。

どうもこのポイントは、塩加減(醤油の加減?)にあるように思われます。しょっぱ過ぎず、出汁の材料が活きている。
   * * *
店内には、味付け玉子サービス券と100円引き券が置いてありました。
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-06 03:38 | 神奈川県 | Comments(0)

どっと屋@江古田

久しぶりに安くガッツリ食べたい気分になったので、江古田にある二郎インスパイア系「どっと屋」へ。

ベースである「ラーメン」550円に、メンマ100円を足して計650円。これに無料トッピングを増せるので十分でしょう(大抵は「大」を頼むのですが・・・)。

トッピングは「野菜多め」「にんにく」「辛め(味濃い目)」「背脂」「たまねぎ」。麺の茹で上がり時に問われるので、行き勇んで食券を見せるときにオーダーしないように。今回は「野菜、辛め、たまねぎ」で注文。
d0025605_316860.jpg

バラエティーに富んだ盛り付け。きくらげが良い彩りのアクセントです。
d0025605_3193071.jpg

ぶりっとした太麺に、ガラっぽい味の強いスープ。味濃い目は今回初めて試した(と思う)のですが、こっちの方が好み。

メンマはわざわざ足さなくても良いかも、という印象。醤油味で煮込んであるとスープに合うのですが・・・。

たまねぎは、(当たりハズレというわけではありませんが)ピリピリしている時と甘い時があります。レンゲでかき混ぜてスープ全体に浮かせる場合には、甘い方が馴染みます。

総合的には満足。コストパフォーマンス良し。二郎と聞いて身構えてしまう人にも、ここのは上品なので大丈夫かと。実際、この日は男女での来店が多かったです。
---------------------------------------------
お店の場所:東京都練馬区旭丘1-68-12
営業時間:12:00~14:30 17:00~23:00/日祝祭日 12:00~17:00の通し営業
定休日:無休
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-03 10:22 | 東京都 | Comments(0)

つけ麺 柾木@本郷三丁目

「やすべえ」の「辛味つけ麺」が良かったので、そういえば本郷三丁目にある「やすべえ」ライクなお店、「つけ麺 柾木」のはどうだろう、ということで訪問。
   * * *
「辛つけ麺」を注文。麺の大盛り(450g)が無料なので、大盛りに。
d0025605_36492.jpg

どっさり。
d0025605_372115.jpg

毎度思っているのですが、ここのつけ汁は甘い。どうも、みりんっぽい甘さ。
食後のスープ割りによって、個人的にはちょうど良い濃度になる感じです。
今回の「辛つけ麺」は、そうした甘さと辛味がうまくブレンドせず、それぞれに主張してしまっている印象があります。のど越しはピリピリっときつめなのですが、その後で舌にまとわりつく甘さ。もうちょっと全体に辛味が馴染んでいるほうが好きかな・・・。

もっとも、肉の柔らかさと全体の量に関しては十分満足。
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-01 12:00 | 東京都 | Comments(0)