<   2015年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

鶏王けいすけ@秋葉原

いつも新鮮な驚きを与えてくれる、けいすけシリーズの未訪問店へ。

秋葉原駅からお茶の水方面へ向かう辺りにある「鶏王けいすけ」。

鶏王らーめんを注文。
じゃーん。海苔でかい!
d0025605_22434174.jpg

さぬき人にはたまらない?鶏ももがまるごと一本。

スープは鶏豚?系のややとろみあり。
d0025605_22434513.jpg

うっすらと透き通った細麺。
d0025605_22434878.jpg


ちなみに、あの大きな海苔は、みるみるうちに溶解してとろろ昆布状になり、スープにほどよい磯の風味をプラスするよいスパイスになりました。

焼き海苔は、ものによっては水分を含んでもあまり溶解しないので、これはわざとチョイスしたのでしょう。

美味しゅうございました。
[PR]
by ramenpeople | 2015-07-31 19:30 | 東京都 | Comments(0)

長崎とんこつ おか福@下北沢

長崎と言えば、魚介類の入ったちゃんぽんや、皿うどんのイメージですが、このお店は「長崎とんこつ」を掲げています。

店内はカウンター5、6席のみ。

表の看板に出ていて気になった「ちゃんぽん26号」なるものを食べました。
d0025605_13042871.jpg

注文時に、野菜や背油、にんにく、タレの無料トッピング増量をオーダーできます。

今回は野菜のみ増やしてもらいました。
d0025605_13043005.jpg

思った以上の野菜の盛りです。

二郎システムを採用しているがゆえの「26号」(=じろう)か?

断面の丸い中太麺。
d0025605_13043292.jpg

ほどよく乳化したスープ。
d0025605_13043426.jpg

標準でも、にんにくが程よく効いています。

野菜は最後までアツアツで、猫舌の小生はフーフーしながら食べました。

長崎とんこつというジャンルの特徴は未だに理解していませんが、なかなか美味しい一杯でした。
[PR]
by ramenpeople | 2015-07-19 13:00 | 東京都 | Comments(0)

東横@新潟 oishii

遠征ついでにラーメン。
新潟駅南口から徒歩五分くらいにある「東横」。
d0025605_11280639.jpg

奥の丼は、なんと味噌ラーメンを割る用の出汁。
d0025605_11280817.jpg

それもそのはず、濃厚。
d0025605_11281153.jpg

もちもちっとした麺が秀逸。
d0025605_11281392.jpg

割ってさっぱり目に。
d0025605_11281613.jpg

店内は音楽バンドのサインがぎっしり。

おいしゅうございました。
[PR]
by ramenpeople | 2015-07-11 11:21 | 新潟県 | Comments(0)

イップウドウ シロマル ベース 渋谷店

博多一風堂の直系店です。多店舗展開で、こちらは渋谷のセンター街。
d0025605_19331129.jpg

こちらがベースメニュー。1985年、創業当時のメニューを再現した、というのがこのお店のコンセプト。

注文時に、テーブルにおいてある注文書に麺の硬さやニンニクの量などについて記入して店員さんに渡すシステムです。
d0025605_19331484.jpg


ややクリーミーで、博多豚骨の中では明らかにあっさり寄りのスープ。
d0025605_19331778.jpg


半熟卵は別売。
d0025605_19332532.jpg

d0025605_19332958.jpg

徐々にアレンジしていきます。
d0025605_19333202.jpg

今回ご紹介したメニューのほかには、徳島ラーメンのように甘辛く煮炊きした豚の薄切り肉と生卵をのせるスタミナベースなるものがあります。つけ麺も。

「一風堂より、一風堂。」のキャッチコピーがでかでかと記された看板。
d0025605_19333404.jpg

うーん、暗号ですね。やはり、赤とか黒とか色々選べるのが一風堂というイメージがありますから、それより一風堂らしいってことはないでしょう。

飛び抜けて美味いか、というと、そういうわけでもないですが、豚骨に飢えたとき、かといって内臓を豚でギトギトさせたくないときには選択肢の一つかも。

[PR]
by ramenpeople | 2015-07-05 19:21 | 東京都 | Comments(0)