笑梟(ふくろう)@西新宿

山形県の郷土料理、冷たい肉そばが食べられるということで訪れた「笑梟」。当て字でしょうか。

注文したのは冷たい肉そばの大盛り。
d0025605_09233294.jpg

白髪ネギと鳥肉。
d0025605_09233695.jpg

かなりキリっとした締まりのあるそばです。案内してもらった山形県民いわく、本場の有名店はもう少しストレート麺でやわらかく食べやすいのだそうですが、これはこれで。

[PR]
# by ramenpeople | 2016-10-16 13:00 | 東京都 | Comments(0)

【閉店】えびそば一幻@ラゾーナ川崎

※このお店は、ラゾーナ川崎のフードコートからは2016年9月に撤退しています。


札幌のえびそば店です。
道外に多数、進出しているようで、ここは巨大ショッピングモールのフードコート内。
隣りには、銀座の人気店「篝(かがり)」(←読めるけど書けない漢字)もあり、意外です。
d0025605_18223171.jpg
オレンジ色のスープと、中央の干しエビの振りかけのようなものが特徴。
d0025605_18223334.jpg

おすすめの太麺を選びましたが、やや食感が硬く、ぽそぽそしていたのが気になりました。
好みの問題もありますが、もう少しやわらかめの方が好きですね…。

スープは海老といいつつも、くせがほどよく抑えられておりバランスよし。
少ししょっぱかったですが、甲殻類を生かしたスープにはありがちなこと。
[PR]
# by ramenpeople | 2016-08-21 19:30 | 神奈川県 | Comments(0)

つけ麺 岡崎@池袋東口

もうオープンして長いお店。

10年前くらいにまだ珍しい塩つけ麺を出し、しかも石焼きでつけ汁を熱々に温めるという、変わった演出で話題になりました。夜はバーに変わることでも有名。

相当久しぶりとなる今回の注文は、オーソドックスに、石焼き和風つけ麺の白。
d0025605_18400348.jpg

美しい盛り付けですね。
d0025605_18400666.jpg

もりもりと湯立つ、つけ汁。透き通っています。
d0025605_18400862.jpg

山芋は好みで麺にかけてほしいとのこと。
一枚目の写真では分かりにくいですが、薬味としてゴマ、柚子胡椒など。

オクラ、お揚げも具材としては異色。
d0025605_18401045.jpg

もちもち、ツルッとした食感の麺。
d0025605_18401249.jpg

石焼だからと言って、舌が火傷するような熱さはなく、ちょうどよい温かさ。まろやかな塩気でくどくなく、夏にぴったり。

山芋は麺に絡めてそのままつけ汁にディップすると、不思議と塩気と合い、食感はボリュームが増し、いい感じでした。

オクラはつけ汁の底に沈んでしまうので、あまり存在感はありませんが、隠れた旨味をもたらしていそうな印象です。

隠れ家的でもある本店。最近ではウチくる?なんかで紹介されたようです。未食の方はぜひ。


[PR]
# by ramenpeople | 2016-07-23 19:30 | 東京都 | Comments(0)

マンモス@渋谷

d0025605_21303510.jpg

安定の濃厚。うまし。

d0025605_21303851.jpg

隣の席に一人で大盛りをほおばる、女ラーメン戦士あり。なんでも渋谷に限らずラーメン店を食べ歩いているそうで、知識量もなかなかのものでした。

おすすめは中目黒のトマトラーメンだとか。勉強になります。

見た目は華奢で、「それでは、よいご夕食をお過ごしください。ごちそうさまでした!」と爽やかにのれんをくぐり出ていく姿も含めて、さながら『ラーメン大好き小泉さん』のようでした。
d0025605_21304069.jpg

[PR]
# by ramenpeople | 2016-06-10 21:28 | 東京都 | Comments(0)

CITY COUNTRY CITYのナポリタン@下北沢

いい意味で予想を裏切る、スープたっぷりめのナポリタン。
d0025605_15440989.jpg

ここでパスタを食べて、がっかりしたことは一度もありません。
d0025605_15441177.jpg


サラダは500円で二人前。
d0025605_15441394.jpg


d0025605_15441584.jpg

[PR]
# by ramenpeople | 2016-05-28 13:00 | 東京都 | Comments(0)