タグ:うどん ( 12 ) タグの人気記事

わら家のたらいうどん@香川県高松市

新年あけましておめでとうございます。香川の年末年始はうどんに終わり、うどんに始まります。
こちらは「わら家」のたらいうどん。県外からこられた方々は、その迫力に度肝を抜かれます。
d0025605_14445267.jpg
d0025605_14462154.jpg
水車の回るかやぶき屋根のたてもので風情があります。
d0025605_14470303.jpg



[PR]
by ramenpeople | 2017-01-04 14:47 | 香川県 | Comments(0)

東京麺通団@新宿

新宿で食べられる、信頼度の高いさぬきうどん。
d0025605_11363074.jpg

暑いので、ざる。
d0025605_11363329.jpg

つるつる。すするたびに小麦が香ります。
d0025605_11363579.jpg

ひとつ失敗したのが、トッピングのかしわ天。
揚げたてほくほくじゃないと、どうしても固くなってしまいますね。

d0025605_11363878.jpg

[PR]
by ramenpeople | 2016-05-06 11:30 | 東京都 | Comments(0)

饂飩でですけ@恵比須

四国出身者の経営する、うどん居酒屋。
恵比須駅前にあります。
d0025605_11164482.jpg

なんということはない感じの、さぬきうどん。でも、これがいいんだよなー。
[PR]
by ramenpeople | 2015-05-26 19:00 | 東京都 | Comments(0)

もり家@香川県香川町

d0025605_09034839.jpg


もり家(もりや)は、日曜も営業している貴重なさぬきうどん店です。
http://www.mori-ya.jp/

看板メニューは、巨大なかき揚げ入りのぶっかけ。
d0025605_09005615.jpg

麺の太さは、さぬきうどんの中でもかなり極太に類するのでは。

中で1.5玉ですが、太いせいもあってか、量的には十分。

外が寒かったので、温かい麺にしました。

いかにもさぬきうどんらしいコシを求めるなら、やはり冷たい方でしょうね。
[PR]
by ramenpeople | 2015-03-03 08:52 | 香川県 | Comments(0)

野らぼー@大手町ビル地下

d0025605_13373592.jpg

ビジネスマンの巣窟。
おろしぶっかけを食す。
d0025605_1339990.jpg

提供はセルフサービスではなく、席注文。

麺の太さ、コシは○。さぬきの風味、薄味のいりこだし。

かつおぶしが麺に張り付いて変な感じ。
[PR]
by ramenpeople | 2015-01-27 19:00 | 東京都 | Comments(0)

たも屋 女道場@高松市南新町

続いても、さぬきうどん


続きを読む
[PR]
by ramenpeople | 2013-01-28 07:30 | 香川県 | Comments(0)

上原屋本店@高松市栗林町

正月以来のさぬきうどん。
栗林公園のお隣りにある「上原家本店」へ。

注文は、普通の「かけうどん(小)」。
さっと湯に通して温めなおして・・・出汁を注ぎ・・・
d0025605_1424515.jpg


続きを読む
[PR]
by ramenpeople | 2013-01-27 23:34 | 香川県 | Comments(0)

手打十段 うどんバカ一代@高松市多賀町

手打十段 うどんバカ一代」に行って来ました。
d0025605_21342678.jpg

所在地は、琴電・瓦町駅から東へ徒歩10分以内(詳しくはページ最下の地図参照)。

この日は真冬日。温かいうどんが食べたかったので、「釜玉(かまたま)」を注文。
ついでにゆで玉子の天ぷらも付けました。
d0025605_21354462.jpg

これが初期状態。

かきまぜると・・・

続きを読む
[PR]
by ramenpeople | 2012-02-07 21:42 | 香川県 | Comments(0)

モツがっつん@上野・御徒町

上野は「麺屋武蔵・武骨」の手前にある「モツがっつん」というお店へ行ってきました。

さまざまなメニューの中で、興味を持ったのがカレーうどん。
というのも、メニューに「カレーうどん(重)」「カレーうどん(軽)」と二種類あるのです。店員さんいわく、出しの混ぜ具合で、前者の方が粘度が強いそうです。

筆者は家でカレーうどんを作るときにも、カレーライスのときそのままに粘度が強いものが好きなので、「カレーうどん(重)」を注文しました。
d0025605_1038490.jpg

なんだかお洒落な見た目です。
d0025605_10381066.jpg

さすがにカレーライスのものをそのまま流用する家庭のカレーうどんとは異なり、白ねぎやエビなど、うどんであることを意識したトッピングが特徴的です。

ルーの粘り気はちょうどよかったです。
お味も上々。
[PR]
by ramenpeople | 2006-06-30 10:38 | 東京都 | Comments(0)

讃岐うどん大使・東京麺通団@新宿小滝橋通り

讃岐うどん普及の立役者として、地元メディアを中心に活躍する、田尾和俊団長のプロデュースする、東京麺通団へ行ってきました。
d0025605_2465028.jpg

新宿・小滝橋通りにあるマクドナルドの、道路を挟んで向かい側、中州のようになったブロックに位置しています。

焦げ茶色の木を基調とした店内は、一昔前の讃岐の風景写真が壁に掲げられていて、なかなか落ち着く感じです。各メニューの説明も載っているので、うどんについて余り知らない人でも、ちょっとした知識を付けることができます。
   * * *
前に紹介した「こがね製麺所」の記事にて、セルフサービスについて触れましたが、本店も同システムで注文、会計することになります。「同じ先払いなら食券制でもいいのではないか」と思われるかもしれませんが、「人の温かみ」というものも重視したい讃岐うどんのお店としては、やはりセルフサービスで、店員さんと向かい合って会計するのが良いと思います。
   * * *
注文したのは、ざるの大。揚げ物も欲しかったのでちくわ揚げを付けました。各種揚げ物は、注文から会計までの列の横にある棚に、トレイで並べられています。つまるところお客さんが選ぶまでストックしている形なので、出来立てホヤホヤかどうかは完全に時間帯の当たり次第。この日のちくわ揚げは、少し時間が経って萎びていたかも。
d0025605_2474362.jpg

「小」を頼んでいた友人の皿を見ましたが、量的に物寂しいものがあったので、大食いでない人でも普通に「大」で良いのではないかと思います。
d0025605_249389.jpg

つるんつるんの麺。とにかく長~~~く練られていたのが印象的。ずるずると吸い込みます。つけ出汁の塩気と相性抜群。涼やかな食感です。
   * * *
ところで、(前々から思っているのですが)小さい頃からうどん文化で育った讃岐人は、麺に関して他県民よりも咀嚼(そしゃく)力が強いのではないでしょうか?人によってはほとんど噛まないとか。筆者は最低でも飲み込みやすい3センチくらいの長さに噛み切りますが・・・。
[PR]
by ramenpeople | 2006-05-16 02:43 | 東京都 | Comments(0)