タグ:二郎系 ( 41 ) タグの人気記事

どん二郎

カップめんの「どん兵衛」をラーメン二郎風にアレンジする、「どん二郎」 なる食べ方が話題で、どん兵衛ではこれでもかと、公式ホームページでバズられるための仕掛けを展開しているほどです。
http://www.donbei.jp/love/

そんな、どん二郎を遅まきながら試してみました。

なにはともあれ、完成品を。
d0025605_09024975.jpg

調理時間10分ですが、なかなかでしょう?
丼のサイズを勘案すると、トッピングのコールは野菜カラメニンニクあたりか。
d0025605_09025196.jpg

具材は、できあいのチャーシュー、もやし、キャベツの端くれ、ニンニク、醤油。もともと入っていたお揚げは別皿に。

麺のブリブリとした食感は、コシは全くありませんが、本場のラーメン二郎で、量に苦戦したときの終盤戦の(延び気味の)麺に似ていなくもない。発見した人を尊敬。

私はラーメン二郎の本家をむろん、愛しているので、はじめにこのブームを耳にしたときには半信半疑、斜に構えてそっぽを向いておりました。しかし、ものは試しですね。

そりゃあ、本家に行くのが一番ですが。材料費と調理の手間をコストと考えると、結局、お店で本物を食べた方が安いかもしれない。

とはいえ、実験好きなみなさんがいらっしゃれば、ぜひ試してみてください。
[PR]
by ramenpeople | 2017-04-26 09:00 | 東京都 | Comments(0)

ラーメン二郎 仙川店

初訪問の、ラーメン二郎仙川店。
仙川の駅前から線路沿いに徒歩3分くらいの好立地。

のれん分けが数あるラーメン二郎の中でも、閉店時間が23:30と極めて遅いのが特徴です。

この日は、ひょんなことから夜遅くなり、閉店30分前に駆け込むという、何重かの意味でクレイジーな訪問でした。

直後のお客さんから豚が切れてしまうという事態に、何とかギリギリセーフ。店を出たらさっさと帰らないと、豚が切れたお客さんに刺されるんじゃないだろうか。

この時間にして、10人弱の並び列でした。
d0025605_23585358.jpg

ラーメン(普通)。詠唱した呪文(無料トッピング)は野菜ニンニク。

提供される直前、カウンター越しに見える丼には、トッピングを盛る前から溢れんばかりの麺。ベースとなる麺の分量は、二郎の中でも多い方に分類されるのではないでしょうか。

野菜はキャベツ比率が絶妙で、ただの野菜コールにしては盛りが良い。ついでにニンニクも盛りが良い(笑)。
d0025605_23585552.jpg

卓上に味を調節するカネシ醤油は置かれていませんが、そのままでもややカラメ(醤油味の濃さが濃い目)寄り。

唐辛子もあり、たまにふりかけるとよいアクセントに。

d0025605_23585778.jpg

ナチュラルウェーブ(?)な平打ち極太麺。三田本店のような柔らか目でピロピロな食感ではなく、コシがある、しかし固すぎないゆで具合。うまし。

d0025605_23585951.jpg

空腹を極めていたせいもあり、ぺろっと食べてしまいました。また来たい二郎の一つ。
[PR]
by ramenpeople | 2016-05-27 00:00 | 東京都 | Comments(0)

ラーメン二郎 三田本店

久しぶりの三田本店です。

夜の部の開店すぐ、午後6時過ぎの時点ですでに約20人待ち。他のお店では並び人数が多いとげんなりしますが、二郎は「おお、やっとる、やっとる」と変な安心感を覚えるのはナゼ。

並びながら、お店の外の自販機で烏龍茶の購入も忘れません。

注文したのは、小豚。無料のトッピングは、野菜マシマシにんにく。
d0025605_09244438.jpg

くたくたっとした、いい湯で具合の野菜。
d0025605_09244706.jpg

かねしの染み込んだ、しっかりしょっぱい豚。
d0025605_09245030.jpg

スープをよく吸う、咀嚼しやすいピロピロ麺。二郎にも店舗によっていくつかの麺のタイプがありますが、私は結局のところ、この本店の麺が好きです。

満腹。
d0025605_09245578.jpg


[PR]
by ramenpeople | 2016-05-08 13:00 | 東京都 | Comments(0)

ラーメン二郎 横浜関内店

このところ、二郎率が高まっています。
ラーメン二郎横浜関内店。

開店18時前からシャッター待ちが20人ほど。
注文は、小豚ラーメンヤサイニンニク。有料トッピングで80円のニラキムチ。

どかーん。

d0025605_0554271.jpg


黒烏龍茶を時おり含みつつ爆速で食べる。
[
d0025605_056925.jpg

d0025605_0561842.jpg


もやしのゆで具合と、スープとの相性がぴったり。麺も標準でやや麺堅めな食感。びろびろ系ではなく、もそもそ系な形状(感覚的すぎる表現ですみません)。

店を出たら並び列が延びていました。30人くらい。

d0025605_0562959.jpg

[PR]
by ramenpeople | 2015-06-15 20:00 | 神奈川県 | Comments(0)

ラーメン二郎 神田神保町店

衰え知らずの人気、一時間くらい並びました。
d0025605_17260653.jpg

ジャーン!これで小。
d0025605_17260878.jpg

小のトッピング全マシ。
スープ、麺ともに絶妙。
d0025605_17261040.jpg

d0025605_17261256.jpg

店内の自販機で黒烏龍茶を買っておくと、苦しまず味わえます。


[PR]
by ramenpeople | 2015-06-06 17:23 | 東京都 | Comments(0)

ラーメン二郎池袋東口店

久しぶりのラーメン二郎池袋東口店
d0025605_21561056.jpg
d0025605_21564682.jpg
麺のかたさは食券提示の際、トッピングは麺のゆで上がり後に丁寧に聞いてくれるので安心です。
写真は小豚W(ダブル)、ヤサイマシマシニンニクアブラの麺かため。
d0025605_21565078.jpg
ほぼさぬきうどんくらいの極太麺で、やや平打ち。遠い記憶では割り箸くらいな太さの断面が四角い麺でしたが、、?
(※追記:やはり麺は最近変わったようです。)
麺かたでちょうどいいくらい、ピロピロ、もちもちした食感。スープをよく吸います。
d0025605_21571548.jpg
スープの乳化具合は、以前より控えめになった気がします。その以前というのも何年も前なので、いいとか悪いとかじゃなく、そんなもんだろうと思います。内装もちょっと小綺麗になっていましたし、時の流れですね。

量、味ともに満足。
d0025605_21570108.jpg
◆所在地・開店時間・定休日等:食べログへのリンク(http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13003881/


[PR]
by ramenpeople | 2014-12-06 19:00 | 東京都 | Comments(0)

野郎ラーメン@川崎

ラーメン二郎のインスパイア系で、野郎ラーメンなる店がそれなりに流行っていることは知っていました。

もはや全国各地にこの手のお店は乱立していることと、野郎ラーメンという店名に本家への敬いが感じられない(個人的印象です)という理由で、これまでわざわざ行かなかったお店です。

とはいえ、食わず嫌いも何なので訪れたのが、川崎駅の地下街にある店舗です。
d0025605_17494351.jpg

ベースメニューの味玉入り。
スープは乳化度低め。表面に油多目。背油は少ないです。

麺は平打ちも選べます。

二郎をうんと食べやすくして(デフォルメではない)、トッピング注文の呪文システムを無くした大衆版。

へー…( ̄▽ ̄;)、って感じでした。
[PR]
by ramenpeople | 2014-09-30 20:00 | 神奈川県 | Comments(0)

神起@神戸

d0025605_1204422.jpg


[PR]
by ramenpeople | 2012-05-01 12:00 | とり急ぎケータイにて | Comments(0)

ドカ壱@高松(その2)

以前も記事にした高松の「ドカ壱」。

少し前につけ麺を食べたので、そのレビューを。
「つけ麺(大盛り300g)+野菜マシマシ」。
d0025605_23581214.jpg

この写真は嘘です。というより未完成です。
完成版は・・・

続きを読む
[PR]
by ramenpeople | 2011-05-30 00:04 | 香川県 | Comments(0)

久々のダントツラーメン

出落ちです。
d0025605_1501779.jpg

麺の量は中(300g)。野菜4倍、豚増し。

かなり久々のダントツラーメンでしたが、お腹を空かせて挑んだらぺロリでした。
[PR]
by ramenpeople | 2011-02-22 14:59 | 岡山県 | Comments(0)