タグ:池袋 ( 46 ) タグの人気記事

創新麺庵 生粋@池袋

度々レビューさせて頂いている、池袋の「創新麺庵 生粋」。
「上生粋塩」がとても満足度の高いものだったので、今回は「上生粋正油」を注文しました。
d0025605_2128281.jpg

「和」を感じる盛り付け。具はチャーシュー、卵、メンマ、白ネギ、水菜、海苔。
このお店ならではのサンマの香りが、湯気に乗って漂ってきます。
「奇抜」な要素と「要点」との兼ね備えといい、具のバラエティといい、麺とスープの組み合わせといい、池袋にある「凝った」ラーメン店としては間違いなくトップでは?!
-----
いつも思うのですが、お店に置いてある、小さな蛇口をひねってチョロチョロと水を注ぐあのサーバーがお洒落です。
[PR]
by ramenpeople | 2006-11-10 21:26 | 東京都 | Comments(0)

やすべえ@池袋

久しぶりの「つけ麺屋・やすべえ」。
※高田馬場、渋谷、新宿店、水道橋、赤坂にもアリ。
   * * *
今回は初めて、「辛味つけ麺」を注文。並、中、大の値段が一律680円なので、迷わず大に(笑)。
d0025605_2258699.jpg

通常の「つけ麺」より、つけ汁が赤いです(当たり前か)。
あ、そういえば、「豊島区タウン」のクーポンを使って、味付け卵をサービスしてもらいました。
d0025605_2301550.jpg

実に美味そう・・・。
d0025605_2303693.jpg

太麺。豊島区タウンでは中太麺、となっていますね・・・。そこらへん基準が微妙です。二郎のようなものを太麺に限定するならば、確かに中太麺かも。

つけ汁は、Wスープに辛味がバランスよく加わっています。辛味メインではなく、あくまで通常の「つけ麺」におけるスープが基盤になっているところが良いです。

もはや、つけ麺に関しては似たり寄ったりの店も増えているので、こちらの「辛味~」の方が新鮮なイメージです。
------------------------------
お店の場所:豊島区東池袋1-12-14
営業時間:11:00~翌2:00
[PR]
by ramenpeople | 2006-10-24 22:50 | 東京都 | Comments(0)

創新麺庵 生粋@池袋

※過去の訪問履歴は検索フォームから「生粋」と入力して検索してください。
-------------------
今回注文したのは、「まかない二番醤」という変わった名前の一品。
d0025605_1132123.jpg

麺はあつもり。釜揚げ風に泳がせてあります。緑色のものは水菜。
d0025605_11325896.jpg

魚介風味とピリ辛味のブレンド。

個人的には、通常の正油や塩の方が満足度が高いように思う。
[PR]
by ramenpeople | 2006-10-01 11:30 | 東京都 | Comments(0)

創新麺庵・生粋@池袋、塩

池袋にある創新麺庵・生粋
秋刀魚味と聞いて随分前に訪問して以来です。
   * * *
今回は、上生粋塩を注文。友人は「じょうなま」と呼んでいましたが、単語を切るところが違います(笑)。
d0025605_755759.jpg

これまた美しい見た目。
具はチャーシュー、赤ワイン煮込み(!)の桃色のゆで卵、軟骨入りつくね、水菜、白ネギ、あと赤いドライフルーツ(※追記:カシスかも)。
d0025605_7552334.jpg

細めん。

バリ島の天然塩を使用したというスープは、じんわりとくる深みがあります。「正油そば」の方はカエシ醤油に秋刀魚味が入っていたのですが、塩の場合も同じく塩焼き秋刀魚を丁寧に抽出したエキスが入っているようです。正油に比べて秋刀魚臭さは少なく感じます。
d0025605_7554937.jpg

軟骨入りのつくねは、コリッとして美味しい。スープをよく吸っています。
   * * *
塩ラーメンで美味しいのに当たったことがない!という人、是非どうぞ。きっと印象が変わります。
[PR]
by ramenpeople | 2006-09-07 08:02 | 東京都 | Comments(0)

節骨麺たいぞう@池袋の冷やし

以前にも紹介した、「節骨麺たいぞう」に行って来ました。

注文したのは今流行りの冷やしメニュー。
d0025605_1434169.jpg

冷やしラーメン

丼は通常のラーメンと同じですが、持った瞬間によく冷やされているのがわかります。
具は、絵に描いたような「ぐるぐる模様」のナルトと、三つ葉、シロネギ、メンマ、チャーシュー、湯葉。バラエティに富んでいて良い感じです。チャーシューは短冊切り(?)。
d0025605_1471876.jpg

細めん。

スープは、簡潔に言うとそうめんの出汁。通常のラーメンでもカツオ、いりこからとった出汁を使用しているので、それを使ったのでしょう。丁寧さが感じられます。
d0025605_1461757.jpg

湯葉。あまり具として見かけないので、目新しい。冷たい出汁に合っています。
   * * *
正統派な冷やし、という感じです。ラーメン好きのみならず、そば好き、うどん好き、そうめん好きなど、和麺全般をカバーしているように思われました。
[PR]
by ramenpeople | 2006-08-26 20:41 | 東京都 | Comments(0)

麺屋武蔵 二天@池袋

久しぶりに池袋にある、麺屋武蔵・二天へ行ってきました。
注文したのは限定数メニューである、冷やし鶏味噌麺
d0025605_18371928.jpg

一緒についてくるライスは、食べ終えた後に丼に投入するのだそうです。
d0025605_1840245.jpg

具は、鶏肉、キュウリ、みょうが、錦糸卵、白ネギ、鶏皮(軟骨かも)のから揚げ。
d0025605_18415496.jpg

麺はいつものモノと違って、細麺です。
d0025605_18423535.jpg

酸味の効いた動物系の風味のスープ。あまり味噌っぽさは感じられません。
冷やし・・・冷やしはやはり冷やしだなぁ ―というと何を書いているのか訳がわかりませんが。。
やはりスープの酸味が最初に来るので、冷麺の「最初の印象」は大体どれを食べても似たり寄ったり。具や麺でオリジナリティを出すしかないと思うのですが、今回の一品にはそれほどインパクトはありませんでした。
d0025605_18452861.jpg

強いていうなれば、この冷製飯はあまり見かけないような。
さっぱりして美味しかったです。
[PR]
by ramenpeople | 2006-07-24 18:47 | 東京都 | Comments(0)

ラーメン二郎 池袋東口店 今年のつけ麺

ラーメン二郎の池袋東口店。
そろそろ夏限定のつけ麺が始まったかなぁ、ということで行ってきました。
大盛りつけ麺(ヤサイマシマシ)
d0025605_1181251.jpg

d0025605_119925.jpg

野菜は麺の皿に一緒に盛られます(ニンニクも)。
※つけ麺の場合は、脂トッピングは出来ません。カラメは卓上の醤油さしから加えることになります(えっ、じゃあ通常のラーメンの「カラメ」もそれでいいのでは・・・)。

つけ汁にはチャーシュー2枚、モヤシ、刻みねぎ、辛く味付けされたメンマが入っています。
d0025605_1184926.jpg

今回の肉は当たり。

スープ割。
d0025605_119044.jpg

非常~~~~~~に乳化具合が強烈です。こってり。
[PR]
by ramenpeople | 2006-07-15 20:29 | 東京都 | Comments(0)

まるきゅうらあめん@池袋(その2)

さて、連続になりますが再び池袋の「まるきゅうらあめん」を訪問。
狙いは金・土メニューである「鶏白濁そば」です。
   * * *
―が、メニューを見ていたら贅沢をしてみたくなったので、「鶏白濁ワンタンそば」の方にしました。スープの種類である鶏白湯は「とり・ぱいたん」と読むこともあって、このメニューも「白濁」と言う部分に特殊な読みがあるのではないか、と少々心配でしたが・・・。字のまま「とり・はくだく」とコールして店員さんの応対も普通だったので、そのままでいいのだと思います、多分。
d0025605_4284040.jpg

鶏白濁ワンタンそば
注文の際に、チャーシューを豚にするか鶏にするか選べます。せっかくなので今回は鶏にしました。初回に食べた塩つけ麺とはうってかわって、見た目からして濃厚そうなスープ。鶏チャーシュー、キャベツ、きくらげ、メンマ、ゆで卵(半分)、刻みネギと、とても具沢山(メンマときくらげに関しては、コリコリした食感が好きなので、この時点で個人的な好感アップ)。
d0025605_4354528.jpg

麺はつけ麺のときと同じもののようです。

スープ全体に焦がしネギが浮かんでいるのが特徴的。毎度思うのですが、焦がしネギそのものを箸で口に運んでも何らの味もしませんが、スープに混じると香ばしい風味を加えるのは不思議です。スープそのものは、とても濃厚。ベースとなる鶏の風味に加え、野菜の甘みも強く出ている感じがしました。
d0025605_4383720.jpg

こちらが鶏チャーシュー。鶏スープに鶏チャーシューということで、とても親和度が高いです。

卓上にニンニクチップが置いてあった(鶏白濁のときだけ?)ので、幾つか投入。ん~、別段味を変えてしまうわけではないのですが、スープを吸って柔らかくもどされたニンニクチップの濃さは、既に濃い目のスープには不要かも。。もっとも、にんにくそのものが好きな人には嬉しいトッピングだと思いますが。

さて、特筆すべきもう一点は、このワンタン。
d0025605_4431761.jpg

で~ん。やたらと大きいです。こんな大きさのものが4~5つほど(正確に数えていませんが)入っています。とろりとした皮の食感とスープの濃厚なとろみとの相性はもちろんのこと、肉厚で中身の方も美味しいです。「ワンタンそば」というだけあって流石に主張する感じ(というのも、しょぼい店ではトッピングのワンタンですら申し訳程度にしか載ってこないので)。
   * * *
月~木と金・土でこんなに違う。池袋周辺でのありがたいお店。
[PR]
by ramenpeople | 2006-06-02 20:50 | 東京都 | Comments(0)

青葉@池袋、サンシャイン60

ちょっとした流れで池袋のサンシャイン60へいったものの、時間が8時を過ぎていたため、殆どの店舗がシャッター状態。ふと「中華そば青葉」(本店は中野)があることを思い出し、足を運ぶとまだやっていました。9時半まで開いているようです。

ビルの中のテナントにもかかわらず、本店の外観を再現しているあたりが、どうにも不格好でニヤリ。

注文したのは、つけ麺の大盛り。
d0025605_2192262.jpg

プリプリ&ピカピカの麺。さて、青葉はどの店舗で食べてもだいたい味の統制がとれているという印象を以前もったのですが、どうでしょうか―。
d0025605_2193285.jpg

ずるっと一口。
ムッ塩辛い!
こっちが特に疲れて塩気に敏感になっていた、というわけでもないと思いますが・・・。
麺の硬さと弾力はいつも通り素晴らしいのですが、どうも魚っぷりが足りない気が(※青葉は動物系スープと魚介系スープを併せたWスープです)。ついでにいうと、本店で食べるときは毎回、七味のピリ辛が結構舌に残るのですが、それも控えめです。

食後のスープ割りでは魚介風味が増したので、単につけ汁が緩かっただけかもしれません。

意図的かどうかはともかくとして、個人的にはもう少し濃厚でもいいかなぁと。
[PR]
by ramenpeople | 2006-05-29 20:00 | 東京都 | Comments(0)

(ふたたび)光麺@池袋本店

再び、光麺の記事です。このところ、塩光麺→熟成光麺と記事が続いていたので、この際だからまとめてしまおうという狙い。
   * * *
今回は元祖光麺を注文。
d0025605_341017.jpg

透き通った醤油スープ。魚介がぷんと香ります。
d0025605_34519.jpg

中太麺。

「元祖光麺」と「熟成光麺」と何の気なしに聞いて注文すると、ついつい後者は前者を濃い味にした(長時間煮詰めた?)ものであるかのようなイメージを抱いてしまいますが、中身は全くといっていいほど別物です。

豚骨味の加わった「熟成~」とは異なり、「元祖~」の方はシンプルながらも優しい味わいを提供してくれます。お酒を飲んだ後、夜風に当たってから、光麺で「元祖~」か「塩~」というのが合いそうな感じ。

d0025605_37648.jpg

気が付けば完食&完飲の図。
[PR]
by ramenpeople | 2006-05-17 20:00 | 東京都 | Comments(0)