タグ:池袋 ( 46 ) タグの人気記事

らー麺の創造 つけ麺岡崎

 池袋にあるつけ麺専門店「らー麺の創造 つけ麺岡崎」というお店に行ってきた。このお店平日は昼はつけ麺屋として、夜はパブ音痴貴族として営業しているという不思議なお店である。夜はパブに使うということもあり、雰囲気はなんとなくそれっぽい感じ。入り口はこんな感じである。

d0025605_2041194.jpg


 ここから地下へと潜っていく。気分は闇の組織へ潜入取材といったところ♪

d0025605_2061932.jpg


 入ってみると、店内はまずまずの広さ。一番奥に座り、注文を考える。基本メニューはつけ麺及び石焼つけ麺(スープが石焼の器で温められてでてくる)で、スープとして黒(しょうゆ)または白(塩)が選べ、またオプションとして辛汁orライスor甘味(デザート)から一つ選べる。僕は、物珍しさから石焼つけ麺でオーダーし、スープは白が評判とのことで、白つけ麺を頼み、またデザートを頼む。デザートは豆腐ムースとフルーツなんたらから選べるのだが、今回は豆腐ムースを頼んだ。また、50円増しで、中盛にすることにした。
 待つことしばし、でてきました。

d0025605_20131641.jpg


 うわー、つけじる、すごい湯気たってる、笑。さすがに石焼だけある。

d0025605_2014730.jpg


 全体としてはこんな感じ。具は別皿にしてでてくる。

d0025605_2014476.jpg


 んでこれが具のお皿。チャーシュー・味玉・お揚げっぽいもの・なると・とろろ・糸唐辛子メンマ・おくら等がのっている。さらに薬味として、ゆず・ゆずこしょう(福岡産)・切りゴマ・大葉がのっている。

 スープは、塩ベースで、Wスープらしいのだが、基本的には海の幸系のうまみがよくでた味。そこに甘い背脂が浮かべられている。またエビ油と思われるものの風味がよく感じられる。
 塩のつけ麺というのは、醤油ダレベースのつけじるが中心のつけ麺界においては、かなり斬新だと思う。あ~、レベル高い^^
 お店の方からのメッセージにも書いてあるが、チャーシューをつけじるにつけておいてから、食べるとものすごくやわらかくなって、これが美味美味。う~ん♪
 適宜、薬味やとろろを入れて味を変化させつつ、食べていく。中盛はけっこう量があって、食べるのが遅い僕はだいぶ時間がかかってしまった。

d0025605_20285575.jpg


 さて、その後デザートである。豆腐のムース。

d0025605_2029177.jpg


 あ、これもおいしい♪女性受けしそうだなー、と思って周りを見回すと、女性一人のお客さんや、女性同士のお客さんなどがいて、女性のお客さんの方が多かった。また、店員さんも僕がいたときには3人とも女性だった。
 夜のパブ音痴貴族はどうなるのかなー、とか思いつつ、勘定を払い、店を後にする。いやー、おいしかった。
 
 食後、CDショップでミスチルのニューアルバムを試聴した。
 借りた本を読み終えた。
 映画シンデレラマンを観た。

 ま、このへんはブログ違いなので、別のところに色々書くことにする。

 
[PR]
by ramenpeople | 2005-09-23 20:52 | 東京都 | Comments(0)

ラーメン二郎・池袋東口店

 代筆その2


d0025605_0235238.jpg

 今回は大盛つけ麺・煮卵・野菜マシマシにんにく
d0025605_0241460.jpg

 ピリリと香辛料の効いたメンマが載っているので、その辛さがつけ出汁全体に染み渡ってしまい台無しの回もあったが、今度のものは酸っぱさ加減といい絶妙である。麺はしっかり冷えされており、ツルツルとしたのど越しを楽しめる。にんにくをトッピングで追加したが、ペースト状ではなく細かく刻んであるので、入れすぎるとピリピリして舌の感触を奪われてしまう。にんにくは麺の方の皿の横っちょに固めて置いてあるので、各自で調節が可能だ。

d0025605_0273114.jpg
 スープ割りはかなり濃厚。これだけ多くの麺を食べていると、さすがに全部飲み干すというのは無理のようだ。

追記
[PR]
by ramenpeople | 2005-08-26 23:32 | 東京都 | Comments(0)

池袋二郎のつけめん

d0025605_16465066.jpg


 夏が近づいてきている。夏といったら、海・花火・スイカ・つけめん、ということで、今回は池袋二郎のつけめんを食べに出かけてみた。
 以前紹介した香油ラーメンの代わりに、つけめんの食券がおかれている。迷わず購入。席に座り、しばらく待つと、「トッピングは?」と聞かれ、「ヤサイ」と答える。
 そして登場する。二郎のつけめん。都内にいくつもある二郎だが、つけめんを出す店はそんなに多くはない。二郎をつけめんにするとどういう風な味になるのだろうと興味津々で麺をすする。
 お、これは、、、「酸っぱい」。そう、二郎のつけめんは酸っぱかったのである。つけめんのスープといったら、動物系のスープを強く出したり、辛くしたり、酸っぱくしたりなどいくつかの手法があるが、意外なことに池袋二郎では、「酸っぱく」する手法を採用していたのだ。僕はてっきり、いつものスープにタレを濃い目にして出してくるものだと思っていたので、けっこうな驚きであった。
 とはいっても味の方はというと、そんなに崩れてはおらずなかなかいける。太麺が適度なコシを持ったままの湯で加減で、そこにヤサイがドカ盛である。スープの方には、二郎おなじみの大きな豚のかたまりが2枚入っていて、そこに辛く味付けされたメンマがのっかっている。大ざっぱな味ではあるのだが、暑い日には、食欲もわいてちょうどよいのではないだろうか?
[PR]
by ramenpeople | 2005-06-24 22:36 | 東京都 | Comments(0)

二郎池袋

d0025605_1314675.jpg

 大勝軒に並ぶ東京のラーメン派閥の一つである、ラーメン二郎の池袋店に行ってきた。頼んだのは香油ラーメンのトッピングヤサイニンニクである。久しぶりのラーメン二郎ということで、食べきれないかもとちょっと警戒し、今回は豚入りにはしなかった。(といっても豚は2枚ちゃんと入っている。)
 他のラーメン二郎にはないこの香油ラーメンであるが、適度な辛さを持つ香油(トウガラシとニンニクを炒めて抽出したのだろうか??)が、豚骨と野菜から作った独特のスープにほどよい辛さとコクを加えている。けっこういけるんですよ、これが。
 神保町の二郎によく行く僕であるが、この香油ラーメンを食べに池袋に行くのもいいな、と思うのであった。
[PR]
by ramenpeople | 2005-04-17 13:01 | 東京都 | Comments(0)

あくび

d0025605_13222962.jpg

↑写真がぼけてしまった、、、泣

 池袋の灰汁美に行ってきた。あくびと読む。正確には啜処(すすりどころ)灰汁美である。お客さんはほとんどサラリーマン。鮭トバをきかせたというWスープは魚介の風味がよい感じにでている。甘めのスープに酸味・辛味がほどよくきいている。いわゆる大勝軒系の味である。しかし、酸味はきつくない。味が濃いわけではないのだが、しっかりとスープの味が出てる。
 麺は自家製麺らしい。中太の平麺。平麺とは書いたが、まあ平たくもないかも。(どっちやねん)。
具が沢山入っているのがよい。甘辛いバラ肉はいいアクセントにもなる。店のお勧めはワンタンだが、今回は入れなかった。
[PR]
by ramenpeople | 2005-04-14 13:22 | 東京都 | Comments(0)

麺匠たいぞう

d0025605_13422222.jpg

 携帯電話からの初投稿。池袋の麺匠たいぞうに行ってきた。
またまたWスープのお店。シックな内装に広い店内。頼んだのはつけ麺大盛。スープはサバ節がきいた魚介の香りゆたかなもの。そこに一味唐辛子とゆずでアクセントをつけてある。さっぱりしているが味わいぶかい。
麺はツルツルした中細麺。もう少し太くてコシがあるとうれしいのだが。
具はネギ・メンマ・チャーシュー。チャーシューは薄切りでインパクトに欠ける。もう少し工夫がほしいところ。
総じて麹町のつじ田に似てるが、あちらの方が上手である。
[PR]
by ramenpeople | 2005-04-13 13:42 | 東京都 | Comments(0)