ベトコンラーメン@茶屋町

瀬戸大橋線、茶屋町駅の西口から、両脇に古い町並みと田んぼを見ながら歩くこと約10分。
必食の一店とうわさの「ベトコンラーメン」。(今更ですみません。)
d0025605_151240.jpg

看板メニューは店名にもなっている「ベトコンラーメン」。
スープは、「しょうゆ」と、最近増やしたらしき「味噌」とが選べます。
ちなみに、ベトコンラーメンとは何ぞや、についてはWikipediaによくまとまっています。
午後の部が始まる夕方5時ちょうどに入店したのですが、既に5人待ち。
お店を出るころには更に増え、15人くらいになっていました。
人気ぶりがうかがえます。

店内はカウンター席10席ほどです。

さて、目当ての五目ベトコンラーメンを注文。
五目ベトコンというのは注記みたいなもので、正確な名称は「国士無双」。
危険いっぱいな予感のネーミング。

そして登場。
d0025605_1584919.jpg

上の写真ではいまいち伝わらないので・・・
これでどうでしょう。



d0025605_1592143.jpg

待ってました!

最近でこそ二郎系ラーメンで見慣れたもやし大盛りですが、ここはまったく別系統なので、貴重です。
お店の雰囲気からは、まさかこんなチャレンジングな一品が用意されているとは想像できません。
d0025605_21510.jpg

麺は中太(やや平)。スープはしょうゆの方です。

さて、味次第では純粋に丼との格闘になってしまうのですが・・・
ご安心を、これはアリ。美味です。

具は、もやし、タケノコ(短冊状)、ニラ、キャベツ、揚げニンニク(粒のままなのが特徴、写真でもやしの頂上にある茶色いもの)、豚肉。
麺の量は一般的な中華そば(150gくらい?)程度ですが、とにかく野菜の量がすさまじいです。
全体に、あっさりスープに、唐辛子や生姜の辛味がピリリと効いています。
寒い冬にぴったり。

揚げニンニクとニラがたっぷりですので、人と会う前はやめておいた方がいいかも。

そんなことを気にしなければ、遠路食べに行く甲斐は十分あります。
「無難なラーメンじゃ物足りん!」という探究心ある皆さんには特におススメ。
ちなみに、駐車場もたっぷりありました。
------------------------------------------
住所:倉敷市帯高507-2
営業時間:11:30~14:00、17:00~21:00
定休日:火曜・第3水曜
電話:086-428-3577


あ・・・飛行機
d0025605_1511744.jpg

[PR]
by ramenpeople | 2011-02-14 02:10 | 岡山県 | Comments(0)


<< ラーメン本 東京時代のお気に入り&思い出のお店 >>