ブラジル仕様のカップヌードルは濃厚スープ

ついに、このカップ麺を開封する日が来ました。
d0025605_09105064.jpg

リオ五輪・パラリンピック関連業務に携わった後輩から授かった、ブラジル仕様のカップヌードルです。
d0025605_09105973.jpg

何だか陽気な雰囲気じゃないですか~。
開封!
d0025605_09110376.jpg

ありゃ。意外と分量が少ないぞ。
スタバのコーヒーで、グランデのカップにショートの分量が入って出てきた感じ。
表面は一面、レモン色の粉末で、余り「これがブラジルだ!」感のする具材は見当たりません。大丈夫だろうか…。
d0025605_09111155.jpg

湯を注いでも変化無し。きっと眠れる獅子なのだろう。

チーン。
3分後。
d0025605_09111965.jpg

おっ、なんだかカップヌードル。
でもやはり、具は少ない(笑)
d0025605_09112469.jpg

あっ!具だ!ドライトマトかしら。
ちなみに、この他の目立った具材は底の方に沈んで発見された、厚揚げのカスのような鶏肉(鶏肉のカスのような厚揚げかも?!)くらい。

と、まぁ茶化していますが、味は美味しいといえば美味しいのです。めちゃくちゃに感激するほどでもないにせよ、まぁ美味い。

濃厚寄りの鶏スープです。

ブラジル=シュラスコ、野生、豪快!みたいなイメージを抱いていたので、予想とはずいぶん違います。なんか、博多っぽい。

ぴろぴろの麺とスープは相性よしでした。

そういえば、このカップヌードル、容器の上部が変わった形をしています。
d0025605_09112763.jpg

ギザギザの山の部分を持つと、ヤケドしない工夫なのだろうと思います。が、普通のカップでもそんなに熱かったことは無く、ここに関してはナゾの丁寧さ。

異国情緒はあまり感じられませんでしたが、珍しいものを楽しませてもらいました。
[PR]
by ramenpeople | 2017-01-21 19:00 | カップ麺・弁当 | Comments(0)


<< 九州じゃんがら@秋葉原 わら家のたらいうどん@香川県高松市 >>