大黒屋本舗

d0025605_18553721.jpg


 松戸にある茨城大勝軒グループのお店、大黒屋本舗の夜の部の大黒醤麺(だいこくじゃんめん)です。かなりのインパクトがあります。
 このお店、昼は大勝軒系のWスープのラーメンを出し、夜の部は二郎インスパイア系の背脂系ラーメンを出すというお店です。昼はストレート中太麺で、夜はゴワゴワ極太縮れ麺を出します。
 すごいボリューム~。この大黒醤麺は、二郎・角ふじ系のラーメンの要素に加えて、エビの風味と、ちょっと辛い醤(ジャン)を加えており、味としては、豪快ですが、けっこう奥深くなっていて、うまいです。かつて町田二郎でやっていたMOというのに近いらしいです。
 まずどこから食べるかが問題ですね~。もやしとキャベツ、それに肉厚のチャーシューがどかんと載っていて、もうとにかくすごいです。
 このお店、大盛の量の限界がすごいことでも有名です。普通盛と中盛は同じ値段で、それぞれ200g、250gとかなのですが、大盛が400gかなんかあって、そのあとの特盛では麺3000gまでいくらでも増やせるらしいです。一度TVでやっていたのですが、いくつかのどんぶりに分けて提供されるみたいです。総重量は8kgになるとか。いやはやすごいものですね~。
 
[PR]
by ramenpeople | 2005-05-14 19:03 | 千葉県 | Comments(0)


<< 六角家 武骨のつけ麺 >>